記事一覧

大井食堂

こたパパです。


今回ご紹介するお店は、大井食堂さん。


JR鳴門駅からほど近い、NTT鳴門ビルそばの、JR鳴門線沿いの住宅地に、本当に目立た
ない佇まいを見せるのが、徳島うどん店最古と言われる大井食堂である。このお店は
こたパパが昔から訪問したかった、「鳴るちゅるうどん」の名店である😍。

IMG_6296.jpg

いやー、渋い。渋すぎる外観だ。ちなみにサイドからの撮影がこちら😜。

IMG_6316.jpg

正直、いつ崩れ落ちても・・・・と思われる外観。こたパパ大好き系だ😝。


店内に入るとお客様数人。いずれも地元の方のようだ。ちなみに店内のコロナ感染
対策はばっちりだ。テーブルと椅子の、シンプルレトロ感がたまらない😜。

IMG_6305.jpg

シンプルなメニュー表。うどん大盛で値段が倍になるのは少々驚きかも・・😅。今回
こたパパは、うどん玉子入り(400円)を注文させていただいたのだ😁。

IMG_6301.jpg

届いたのがこちら😄。

IMG_6308.jpg

具はネギと刻み揚げが基本で、好みで玉子や竹輪を追加していくスタイルだ。めんの太さ
は不均一だな。玉子はあまり火を通さないようだ😉。


まずは、玉子を割らずに麺を一口。ああ、これは隣県の讃岐うどんとは全く違うというか、
完全に対極にあるといってもよいかも🤔。


麺は讃岐うどんよりも細麺で、かつ不均一。麺のコシはほぼない「やわやわ感」。強いて
言えば、きしめんを細くしてやわやわにした感じ。いや、「ワンタンの皮のみの感じ」も
あるな。かつおだしと絡んで、本当にちゅるちゅるとすする感じ😄。


玉子を割ると、また味変で、より味が柔らかくなる。讃岐うどんとは全く別の美味しさ
なのだ。うまく表現しずらいが、これが「大井の鳴るちゅるうどん」なのだ😜。


同じうどんでも、隣県でここまで違うとは驚きだ。ちなみに「博多うどん」も麺が
柔らかいと聞いているので、ここと比較が必要だな🤔。


このお店は営業時間が短いうえに、麺がなくなり次第終了なので、12:30までには訪問
された方が良いかもだ🤔。


全国には稲庭うどんをはじめ、数々のうどんがまだまだ存在している。これからの
「100年飲食探訪」がますます楽しみになった、こたパパである😌。

IMG_6300.jpg


店名:大井食堂
創業:不明(江戸時代末期)
住所:徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜603
電話:088-686-4079
営業:10:00〜13:30(売切れ次第終了)
定休:不定休(木曜が多い)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kogipapa4296

Author:kogipapa4296
年齢:50代
職業:会社員
家族:子供3人(進学等で家不在)
   +小太郎(コーギー8歳)
居住:中国地方
性格:よく「自由人」と呼ばれます(^^;)
趣味:グルメ番組視聴+100年飲食巡り

2020年12月に妻を希少がんで亡くしました。銀婚式から1か月後でした。子供達が社会人独立したら、妻と小太郎と全国の100年飲食店を巡る予定でした。そこで私は少し予定を早めて、週末休日等を活用し、妻(ペンダント)と小太郎とで「100年飲食探訪」を開始することにしました。
ブログ内容は100年飲食探訪を中心に、小太郎との暮らしや、妻との思い出、日々雑感等です。よろしくお願いします。

フリーエリア