記事一覧

友永パン屋

こたパパです。


今回ご紹介するお店は、友永パン屋さん。


温泉の源泉数・湧出量が日本一の大分県内で、もっとも有名な温泉町として知られる
別府市中心部に、渋い外観のお店を構えているのが、友永パン屋である。大分県内
最古のパン屋として、いつも行列が絶えない有名店なのだ😄。

IMG_8990.jpg

こたパパも早速行列に。しばらくすると、店員さんから整理券番号と注文票が渡される
のだ。行列中に記入するらしい。人気ラーメン店にもよくあるシステムだ😃。

IMG_8994.jpg

しかし、これだけでは情報不足だな。ふと壁面ガラスを見ると、パンの内容が細かく記載
してあるラミネートが貼ってあったのだ。やはり人気No.1のこしあんぱんは外せないな。
何?ワンちゃんですと?これをこたパパが買わないわけがないではないか。本当はもっと
買いたかったのだが、予算にも限りがある😅。今回はこの2つにするとしよう😜。

IMG_8991.jpg

3分ほどでお店の入口まで来た。しかし、さすが別府の玄関マットだな😃。

IMG_8995.jpg

お店の中はそれほど広くなく、受付は3つほどある。一般的なパン屋のように、お客様
がパンを選ぶのではなく、注文票を渡して、店員さんがパンを用意して会計するという
システムのようだ😁。

IMG_8996.jpg

お店奥に価格表が見える。どれも本当に安いな。これだったらもう少し買えたかも😅。

IMG_9001.jpg

まずこしあんぱん。外見は普通のあんぱんだな🙂。

IMG_9409.jpg

切ってみた感じ。思っていたより、あんの量は少なめだな😃。しかし、食してみると
味のバランスは全然悪くない。恐らく何回も試行錯誤された結果なのだろうな🤔。

IMG_9411.jpg

続いて、ワンちゃん(カスタード)。かわいらしいパンだな。しかし、干しブドウと
カスタードの相性はどうかなのかな🤔?

IMG_9413.jpg

切ってみた感じ。こちらは、パンも面積に比してクリーム多めの印象だ。食してみると、
甘すぎないカスタードと干しブドウの相性はバッチリであった😜。

IMG_9416.jpg

このお店は、オーソドックスな商品構成なのだが、価格がどれもかなりリーズナブル
なのだ。こたパパは今回2種類しか購入しなかったが、その印象では、飽きのこない
安定の美味しさで、おそらく他のパンもそうなのではないか😝。


既に超人気店ではあるのだが、これからも温泉町別府を盛り上げる老舗として頑張って
頂きたいと感じたこたパパである😉。

IMG_9007.jpg


店名:友永パン屋
創業:1916年(大正5年)
住所:大分県別府市千代町2-29
電話:0977-23-0969
営業:8:30~17:30
定休:日祝日


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kogipapa4296

Author:kogipapa4296
年齢:50代
職業:会社員
家族:子供3人(進学等で家不在)
   +小太郎(コーギー8歳)
居住:中国地方
性格:よく「自由人」と呼ばれます(^^;)
趣味:グルメ番組視聴+100年飲食巡り

2020年12月に妻を希少がんで亡くしました。銀婚式から1か月後でした。子供達が社会人独立したら、妻と小太郎と全国の100年飲食店を巡る予定でした。そこで私は少し予定を早めて、週末休日等を活用し、妻(ペンダント)と小太郎とで「100年飲食探訪」を開始することにしました。
ブログ内容は100年飲食探訪を中心に、小太郎との暮らしや、妻との思い出、日々雑感等です。よろしくお願いします。

フリーエリア